More from: 南河内万歳一座




豊岡駅前小鳥店Ⅲ

気まぐれな空、海抜1メートルのまち、出て行く若者、帰ってきた若者。 「その店にはたくさんの鳥籠があって、けれど一羽の小鳥も居なくって…」 出ていった小鳥たちを待っている店主といっしょに若者は何を思うのか…。 鳥籠とまち、 […]